ORGANIC LIFESTYLE

若い頃は正直、自然に興味がありませんでした。海だけは好きだったけ

れど緑に囲まれた場所とかに行きたいと強く思ったことがなく、都会の方

が刺激的で好きでした。が、40歳を過ぎたころから都会の生活に疲れた

のか緑や自然が恋しくなりました。コート・ド・カシのような都会から

脱出できる隠れ家を作るという野望を持ちました。そのコート・ド・カシ

に行けない期間がほぼ1カ月以上になり自然に還りたいという衝動は抑えが

たくその代わりに近く公園でピクニック♬ 小さな森が見えるところにシート

を敷き、草の香りに包まれてしばしうたた寝。緑の色と香りに心と身体がゆっ

くりとほぐれていきました。

都会での生活は刺激的で便利で快適だけれども人がそもそも動物であることを

考えると本当の意味で快適ではないのかもしれませんね。

こんなに自然に還りたいと思うのはそろそろ土に還る時期が見えて来たから!?

やり残していることがあるのでまだまだ土には還れない!
 

コート・ド・カシの裏の斜面に山桜が一本あります。コート・ド・カシ

が出来上がったのが2006年の秋なので、その存在に気が付いたのは翌年

の春でした。思わぬ桜の存在にとても喜んだ覚えがあります。あれから

11年もたって、桜もずいぶん大きく立派になり窓にかなり近づいて来ま

した。ソメイヨシノほどの華やかさはないけれど、毎年の楽しみです。

11年......結構な長さです。自分の人生ではあんな事もこんな事もあり、

世の中では大きな自然災害、様々なことがありました。スマホ、SNSの

の普及。あまりにも便利になってたまに自分のいる今をSFの世界のよう

に感じます。この11年、世の中も自分の人生もどちらも激変しました。

何だか上の方に不穏な空気を感じる今だけど、世界も自分の人生もいい

ように変わって行ければと思います。


バラ色の生活!?をしていることはこのブログでも2回ご紹介しました

が、驚くべきことにまだ続いています。マメなこととは無縁な性格が故

に花を飾る習慣などなかった私が、今ではバラがないと何だか寂しい。

ひょっとしてバラ中毒? 花瓶などにさした状態だと短くて1週間、

長いと3週間。その後短く切って1週間。花びらになってしまったけど、

そのままゴミ箱に捨てるにはあまりにも綺麗。そこで銀色のお皿に花び

らを盛ってみたらとても美しい。真ん中に添えたのは贈り物のラッピング

につけていただいた紙で作られたお花。決して朽ちることがない。でも

この花びらはたった一日の命。しかももう花として終わっているのでよく

見るとシワシワしているし、所々黄ばんでいます。咲き誇っていいたころ

の美しさとは確実に違うけれども別の美しさがそこにはあります。もしか

したら一番美しいかも? 最後の最後まで美しい。

うーん、なるほどお~。羨ましい。幾つになっても愛する人に「今の君が

一番素敵だよ💛」なーんて言われてみたいものですね。♀クク! ♂タラ~

♀トホ!


 

昨年の5月からモンゴルでヌメロトワJBPナイトセラムの発売が

始まりました。有り難いご縁がありモンゴルのODMANTENとい

う会社の女性スタッフの方々がヌメロトワJBPナイトセラムをと

ても気に入ってくださったことがきっかけでした。

上の写真はその会社のフェイスブックPlacenta Mongoliaにア

ップされているもの。とても綺麗💛


モンゴルには宅配便も郵便配達もないそうです。どうやって商品

を届けるのかと聞いたら、オフィスに来ていただくかお客様の家

までスタッフが届けるそうです。一輪のバラを添えて....。

と聞いた時、なんて素敵と思うと同時にただただ嬉しかった。

そんな風にヌメロトワを大切に扱ってくれることが.......。


今年に入って、モンゴルでヌメロトワJBPナイトセラムが急速に

売れ始めたと報告があり、その直後ここのオンラインショップにも

全国の日本在住のモンゴルの方からご注文をいただくようになり、

SNSの影響力にびっくり。 ただ、やり方がわかりづらいのか

銀行振り込みを選んだある方から待てど暮らせど何もない。もしか

して商品が届いてから振り込みと思っていらっしゃるのかも、と

思い電話をした。電話に出た女性はあまり日本語がわからないよう。

それでも一応説明したら、今度はペイパル払いを選んでまた注文を

下さった。でもやっぱり待っていても手続きがない。きっとすごく

ほしいと思ってくれているのにどうしていいのかわからないのだろと

思い、また電話をしたら今度は男の人が出た。その方は日本語が流暢

ではないけど、何とかこコミュニケーションがとれる。代引きが一番

簡単だと説明したら、ではそれで、ということに。すぐに送るために

準備をしてたらふいに涙が出て来た。嬉しくて。漢字だらけのオンラ

インショップで購入の手続きをすることが漢字圏以外の方にはどれだ

け大変なことなのか日本語教師の経験があるからよくわかる。すごく

大変な作業をしてでも買いたいと思ってくれることが何よりとても

嬉しかった。

これもモンゴルのスタッフのヌメロトワに対する愛と情熱のおかげです。


”LOVE POWER” 前回のブログで紹介した石鹸の作り手の女性がブログ

を読んでくれた感想の中で書いてくれた言葉。これがそうなんだなと感じ

ます。Hではじまるパワーが世界の各地で台頭しています。ネガティヴな

感情のパワーは猛烈強い。だから人は簡単に巻き込まれます。私自身もそ

う。自分がネガティブな感情に支配されてしまう時もあります。けれども

そういう自分はひどく居心地が悪いし、決していい結果は残さないと感じて

います。こんな今だかこそ”Love power”を大事にしていきたいなと。

仕事でもプライベートでも。


あっそうそう、ちょうどモンゴルでのmovementが始まったのとほぼ同時

期に日本のヌメロトワにも信じられないような有り難い話が舞い込んでき

ました💛初めは新手の詐欺かと思いました!?(ごめんなさい)またどこ

かでご紹介できれば....。もったいぶってスミマセン.......!!


バタバタとしているうちに年が明けました。

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は総じて嬉しい一年でした。そう思わせてくれたのは素敵な

出会いの数々。素敵なものや人たちとの出会い、素敵な音楽や本と

の出会い、素敵な風景との出会い、新しい自分との出会い、すでに

出会っている大切な友人たちとの新たな絆との出会い..。 昨年は

別れがなかったのもよかった......。あっ、ありました。

しょうもないイジイジ女の私との別れ!? でもこれは嬉しい別

れ💛💛💛   

上の写真は昨年の夏ぐらいから愛用している石鹸です。昨年の素敵な

出会いの一つ。仕事関係で知り合った女性の手作りの石鹸です。身体

用と顔用があります。お肌のことを本当によく考えて作られたもの。

私の肌にとても合っていてもう手放せません。

上の写真は身体用のもの。とっても可愛いラッピング。これを見る

だけで彼女がどれほど真剣な気持ちと深い愛情をもって石鹸を作って

いるかがわかります。これを手にした私は彼女の石鹸に対する愛と

それを使う人への愛を感じると同時に私自身もこのすばらしい石鹸と

彼女の思いに愛を感じます。いくつもの愛が重なり合い共鳴し合って

それは更に膨らんでいきます。そんな風に思った時、頭に浮かんだフ

レーズが「愛こそすべて」♬All you need is love love ,love is ..♪♫

「愛さえあれば大丈夫」  そう、そして、気が付いたのは......

あいは...愛は......ただ”感じる”もの。それで充分💛💛💛 たぶん

対象が物であっても人であっても同じなのかもしれません。フムフム。